フィットネスクラブ、パーソナルトレーニングジムの新規事業参入・新規店舗開発・店舗リニューアル・マーケティング・売上支援

着情報News & Topics

ジムの顧客分析で集客・売上アップを実現2024-07-03


ジムの顧客分析は、集客と売上の向上に直結する重要なプロセスです。
顧客の年齢、性別、居住地などのデータを収集・分析し、ターゲット層に合ったサービスを提供することで、顧客満足度を高め、リピート率を向上させます。
本記事では、具体的な顧客分析の方法とその活用法を詳しく解説します。

ジム顧客分析の必要性とは

ジムの顧客分析は、集客と売上の向上に欠かせません。
顧客の年齢、性別、目的などのデータを収集し、どの層がどのようなサービスを求めているのかを把握することが大切です。

例えば、20代の若者には筋力トレーニングプログラムが人気ですが、50代以上の顧客には健康維持やリハビリを重視したプログラムが好まれます。顧客のニーズに合わせたサービスを提供することで、満足度が向上し、リピート率も高まります。

効果的な顧客分析の方法とポイントを解説


ジムの集客や売上をアップさせるためには、地域ごとの顧客層や競合分析が欠かせません。
ターゲット地域の人口構成や年齢層、生活習慣を詳細に把握することが重要です。

地域ごとの顧客層や競合分析を行う

ターゲット地域の人口構成や年齢層、生活習慣など、顧客層を把握しておきましょう。
例えば、若年層が多い地域では、最新のトレーニング機器やトレンドを取り入れたプログラムが好まれることが多いです。一方で、高齢者が多い地域では、健康維持やリハビリ向けのプログラムが効果的です。

競合分析も同様に重要です。近隣の競合ジムの料金体系、提供サービス、営業時間などを詳細に調査し、差別化を図りましょう。例えば、24時間営業のジムが多い地域では、差別化のために、早朝や深夜に特化したプログラムを導入することが考えられます。

さらに、統計データや商圏分析ツールを活用することで、より詳細な地域分析が可能です。例えば、政府統計ポータルサイトの「e-Stat」を使用すれば、地域の年齢構成や家族構成、収入などのデータを簡単に入手できます。

デジタルポスティングも有効

デジタルポスティングは、現代のスポーツジム集客において効果的な手法の一つです。

デジタルポスティングとは、スマートフォンやPCの位置情報を活用し、特定のエリアにいるユーザーに対してオンライン広告を配信する方法です。従来のポスティングと異なり、ターゲットエリアをより精密に設定でき、広告の無駄打ちを減らすことができます。

例えば、ジムの近隣に住む人々や職場が近いユーザーに向けて広告を出すことで、通いやすいと感じてもらいやすくなります。また、特定の時間帯に広告を配信することで、ターゲットとなるユーザーが最も反応しやすいタイミングを狙うことができます。深夜に24時間営業のジムの広告を配信すれば、夜型の生活をしている人々にアピールすることが可能です。

さらに、デジタルポスティングでは広告の効果を詳細に分析することができます。配信後の表示回数やクリック数を追跡し、どの広告が最も効果的であったかをデータで確認できます。例えば、新規入会キャンペーンの広告を出した場合、その反応を数値で分析し、次の施策に反映することが可能です。

アースカラーでは、ジムの特徴に合わせたデジタルポスティングの運用代行サービスも提供しています。詳細はこちらの記事をご覧ください。

ジム会員のデモグラフィック分析

ジムの集客力を高めるためには、デモグラフィック分析が不可欠です。

デモグラフィック分析とは会員の年齢、性別、職業、居住地域などのデータを収集し、マーケティング戦略に活かす方法です。具体的には以下のポイントがあります。

1.年齢層の分析
年齢別に会員データを分け、20代が多い場合は高強度トレーニング、40代以上が多い場合はヨガやピラティスのクラスを充実させます。

2.性別の分析
男性会員が多い場合はウエイトトレーニングエリアを拡充し、女性会員が多い場合は女性専用エリアや人気のグループクラスを増やします。

3.職業とライフスタイルの分析
ビジネスパーソンが多い場合は早朝や夜間のクラスを設定し、主婦層が多い場合は昼間のクラスを充実させます。

4.地域特性の分析
若年層が多い地域ではSNSを活用したプロモーションを行い、シニア層が多い地域では健康増進プログラムを提供します。

またデモグラフィック分析を活用してGoogle Display Network (GDN) の広告配信を最適化することも重要です。
GDNでは、年齢や性別などの属性に基づいて広告を配信できるため、ターゲットに合った広告を効果的に届けることが可能です。

商圏分析で立地戦略を見直し顧客獲得

商圏分析は、ジムの集客戦略を強化するための強力なツールです。ジムの周辺地域に住む人々の人口動態や経済状況を詳細に把握することができます。

例えば、ある地域に多くの若年層が住んでいる場合、そのエリアではSNSを活用したデジタルマーケティングが効果的です。一方で、高齢者が多い地域では、新聞折込や地域イベントでの宣伝が有効となるでしょう。

さらに商圏分析によって、エリア内の消費支出パターンも把握できます。例えば、ある地域の住民が健康やフィットネスに高い関心を持っていることがデータで示されれば、その地域に新しいジムを開設する際に大きなアドバンテージとなります。

また既存のジムの立地を再評価する際にも、データの活用は非常に有用です。
現在のジムが位置する地域に競合が増えてきた場合、商圏分析に基づいて新たなターゲットエリアを見つけ出し、移転や新店舗の計画を立てることができます。

顧客属性データを活用した集客キャンペーン

顧客属性データの活用は、ジムの集客と売上アップにおいて極めて効果的です。
単なる年齢や性別のデータ収集にとどまらず、詳細な属性データを分析することで、競合他社にはない戦略を打ち出すことができます。

例えば、顧客の居住地データを使って、近隣のオフィス街や住宅地に特化したキャンペーンを展開することができます。オフィス街の周辺に多くの顧客がいる場合、ランチタイムや仕事終わりの時間帯に特化した短時間の高強度インターバルトレーニング(HIIT)クラスを導入し、忙しいビジネスマンやキャリアウーマンのニーズに応えます。

またデシル分析を活用して顧客を購入金額別に分け、上位のグループには特別なサービスを提供します。デシル分析とは、売上のデータを基に、全顧客の累積の購入金額を高い順から10等分して、各ランクの売上比率を試算する分析方法です。

例えば、上位10%の「優良顧客」に対しては、専用のパーソナルトレーニングセッションや専用ロッカールームの提供を行い、特別感を演出するといった施策が挙げられます。

また顧客の趣味嗜好データを活用して、パーソナルトレーナーとのマッチングを最適化します。アウトドアが好きな顧客には、トレイルランニングやアウトドアフィットネスの専門知識を持つトレーナーを紹介し、興味を惹くプログラムを提供できるとよいでしょう。

まとめ:ジム顧客分析で事業成功に近づける


ジムの顧客分析は、集客と売上アップのための重要なプロセスです。

顧客の年齢、性別、居住地などのデータを収集・分析し、ターゲット層に合ったサービスを提供することで、顧客満足度を高め、リピート率を向上させることができます。競合分析や地域特性の理解を深めることで、他のジムとの差別化も図れます。ジム顧客分析を積極的に取り入れることで、ジムの事業成功に大きく近づきます。

アースカラーは、ジム経営者の皆様にとって頼れるパートナーです。25年の業界経験を活かし、顧客分析を基にした効果的な集客キャンペーンを提供します。商品販売、プログラム開発、人材紹介など、ジムのあらゆるニーズに対応するソリューションを提供し、成功への道をサポートします。