フィットネスクラブ、パーソナルトレーニングジムの新規事業参入・新規店舗開発・店舗リニューアル・マーケティング・売上支援

援実績Support

打撃練習サポートシステム         「アビリティートレーナー」2019-12-12

野球のバッティング練習といえば、その多くは「素振り」だと考える方も少なくないと思いますが、

皆様はいかがでしょうか?

 

よく近所の野球少年が夕方公園や自宅の前で、素振り練習をしているのを見ることがあります。

 

 

部活やクラブの練習でも、

素振りティーバッティング繰り返し

その感覚を叩き込むという練習が多いのではないでしょうか?

もちろん、この積み重ね大切です

 

 

この積み重ねた努力をさらに分かりやすく効率的な練習に導くのが

打撃練習サポートシステム「アビリティートレーナー」です

 

https://www.ip-lambda.com/search/sales/tokyo/shinjuku/shinjku/shop/2812/

 

 

 

打撃練習サポートシステム「アビリティートレーナー」

すでに全国の中学校高等学校の野球部クラブチームで導入されており

先日某有名高校の練習風景がテレビで取り上げられた際に、「アビリティートレーナー」

使った新しい練習への取組みとして取り上げられていました。

 

「アビリティートレーナー」はシンプルに言うと

“リズム感練習”

テンポの「早い・遅い」アクセントの「強弱」

リズムに合わせて練習することで、そのリズム感脳に刷り込まれていきます

 

例えば、三段跳びのリズム「ホップ ステップ ジャンプ」のように

バッティング「構え スイング ミート」リズム感にすることが出来たらどうでしょう?

 

フォークダンスが誰でも踊りやすいのも、老若男女問わず人気曲のダンスが覚えやすいのも

繰り返し同じリズム同じ動きを見聞きし続けることで、無意識「リズム感」

脳に刷り込まれるからなんです

 

 

打撃練習サポートシステム

「アビリティートレーナー」

「ベストスイング」リズム感再現できるように

リズムに合わせて繰り返し練習していきます。

 

次の大会を見据えたチーム全体のレベルアップを図る時に

いつもの「素振り」

いつもの「ティーバッティング」

バージョンアップされた練習となります。

 

 

今までの練習メニューを組み替えることなく取り入れることができるのが

「アビリティートレーナー」の強みでもあります。

 

 

野球経験者でこれまで導入いただいた学校全てのサポートに携わる弊社の担当丁寧に的確にご説明させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ